Aromatic Raw Materials

Aqua Oleum Japan by Uni-World Enterprise Co.,Ltd. 

エッセンシャルオイルとは?

エッセンシャルオイルは、自然の香りを抽出するために主に水蒸気蒸留法で作られますレモンの様な柑橘系オイルは果実の果皮を圧搾して作られます。エッセンシャルオイルは、葉、根、種子、木や花などの、広範囲な部分から抽出することができます。いくつかの貴重なオイルは高価なので、ココナツオイルで5%希釈した商品もアクアオレウムでは取り扱っています。ココナツオイルは、無臭で、とても軽い使用感であり、さらに抗酸化作用のあるとても安定したオイルですのでキャリアオイルとして理想的なオイルです。

フラワーウォーターは、精油を水蒸気蒸留法で抽出した際の、天然の副産物です。フラワーウォーター、例えば、ローズウォーターはローズオットーの蒸留行程で生産されます。アクアオレウムでは、ナチュラルスプリングウォーターを使用した特別なアクアエマージョン技術で、当社独自のフラワーウォーターを生産しています。蒸留水は皮膚表面からビタミンや天然ミネラルをろ過してしまう傾向にあるので、肌への使用をお勧めしません。

コンクリートは、ジャスミンや繊細な花など、水蒸気蒸留ではその熱で芳香に悪影響を及ぼす場合に作られます。植物を溶解させるために揮発性溶媒で浸軟します。それをろ過し、溶剤は取り除かれます。その残ったコンクリートがワックス分とアブソリュート分の混合物です。


アブソリュートは、化合物からワックス分を分離したコンクリートから製造されます。コンクリートにアルコールを用いてワックスを取り除きます。 アブソリュートは、エッセンシャルオイルよりも香りが天然に近いですが、より高価で、また粘着質なためにより扱いが難しいです。それ故アクアオレウムではココナツオイルで5%希釈した商品も取り扱っています。

ガム-レジンは、ミルラ、フランキンセンスなどに見られる樹脂です。樹脂はお香の原料としても使われます。エレミ(Canarium Luzonicum) はフィリピンで自生しており、樹木から滲み出でる樹脂から水蒸気蒸留でエッセンシャルオイルを製造します。ベンゾインは粘着性のある固形状なので、アクアオレウムではベンジル・ベンゾエートと呼ばれる、ベンゾイン自身が持ち合わせる天然成分の液体で希釈しています。私たちの経験上、他のあらゆるメーカーではこの希釈にDPG(ジプロピレングリコール)やヒマシ油を使用しています。

バルサムは、通常は安息香酸や桂皮酸を含んだ油性または、粘着性のオレオレジンで、様々な樹木、潅木から得られ、特定のエッセンシャルオイルの原料に使用されます。例えば、バルサムファー(Abies balsamea)、ペルーバルサム(Myroxylon pereirae)など。ペルー産の天然パルサムは、黒茶色の濃厚な液体です。通常、木の周りに巻きつけた布に浸漬させて収穫し、水の中で煮沸されます。

ブレンディング

#Education

エッセンシャルオイルのブレンドを学ぶ事は、絵を描いたり、美味しい食事を.

Read More

香りの心理学

#Education

香水は夢の言語かもしれませんし、香は私たちのふるまいや、日常で行う...

Read More

精油の化学

#Education

古来からエッセンシャルオイルは、特に若返りやアンチエージングのための治癒&化粧剤として

Read More

オーガニック認証

#Education

エッセンシャルオイルの化学構成を調べる主な方法は、ガスクロマトグラフィー

Read More