Quality Promise

Aqua Oleum Japan by Uni-World Enterprise Co.,Ltd. 

エッセンシャルオイルの品質管理は、

エッセンシャルオイルの品質管理は、販売しているどの会社でも一番重要な事項です。それぞれ企業がオイルの純度(100%ピュアや混ぜ物をしていないなど)を宣伝しまが、不快な事に自社製品に混ぜ物ををして販売している不謹慎なサプライヤーも存在します。エッセンシャルオイルの価格がその純度を補償するものでは無く、高価な精油が高品質であるとは言えません。 考慮すべき他の多くの要因があるためです。いかに適切に精油を調達するのかは、仕入れ量、会社の全体的な効率、販売・広告予算、そして名前(ブランド)への倫理感が少しです。 実のところ、エッセンシャルオイルの純度を検査する100%の特定の方法はありません!天然の植物が原料となるエッセンシャルオイルの成分は毎年異なります。場合によってはゼラニウムの様に同じ畑内であっても異なる場所で成長し た植物から抽出したオイルには極端な違いがある事があります。植物、土、天気と微妙な気候の変化でオイルの香りの要素となる成分に影響を及ぼします。それではどの様に品質を品質の定義しましょうか?

Free HTML5 Bootstrap Template by FREEHTML5.co

品質を定める1つの方法は

品質を定める1つの方法は特徴のある香りの要素です。シチリー産のベルガモット油は、象牙海岸のものとは完全に異なる代物です。しかしこれら2つ関する、またはベルガモット油全般に対する規格がないのが実情です。ラベンダーは地中海原産です。熱い太陽と水はけの良い土が必要となります。もしラベンダーが十分な太陽光を浴びてないと油のCamphor(樟脳)含有量は高いままで残るため、花の特性が成長できません。逆にペパーミントは湿気を好み、湿っぽい環境でよく育ちます。

アクアオレウムは

アクアオレウムは特徴的な香りを定義する際に気候が考慮されるべきであると考えています。現在、国際規格において、エッセンシャルオイルの生産地を必要な因子と認めていません。高品質なオイルを抽出するためには生産地の気候や環境がとても重要です。品質を説明する難しさからエッセンシャルオイルのパラメーターは非常に広範囲になっています。しかしパラメーターが広いほど不純物混入の可能性の要因となるのです。したがって私たちは、フィールドでの30年以上の経験と私たち自身の社内記録を使用し、特有の芳香の厳密な定義を開発しました。我々はまた、GC / MSトレースの検査を含め、私たちの品質を保証するためにも信頼できるサプライヤーと生産者と緊密に連携しています。

私たちのオイルが以下の基準を満たしている事を保証します

1、植物は原種(mother species)でなければなりません。
2、植物はその種の原産地域で成長していること。
3、オイルは100%植物から抽出したものである。
4、オイルを断片(部分)から抽出するのでなく全てのオイルが抽出できる抽出技術であること。

アクア・オレウム社

#Aqua Oleum

英国アクアオレウムは、 3世代にわたり精油の知識が継承されてきた、

Read More

ローレス家

#Aqua Oleum

ジュリア・ローレス(Julia Lawless)の母ケルトゥ(Kerttu Lawless)は、1978年に英国で

Read More

ジュリア・ローレス

#Aqua Oleum

ジュリア・ローレスはアロマセラピーを安全にかつ分かりやすく世に広めるために多くの本を著しました。

Read More

企業理念

#Aqua Oleum

アクアオレウムの理念は、自然への深い敬意と私たちが生きる惑星に基づきます。

Read More

安全性

#Aqua Oleum

私たちは非常に真剣にエッセンシャルオイルの安全性の問題に取り組みます。

Read More