Psychology of Scent

Aqua Oleum Japan by Uni-World Enterprise Co.,Ltd. 

香りの心理学

Luca Turin(ルカ・トゥリン)According to Luca Turin in his book, ‘The Secret of Scent’, just 3% of the money we pay for a mainstream perfume pays for the fragrance content: the other 97% is the bill for selling us the dream…


香水は夢の言語かもしれませんし、香は私たちのふるまいや、日常で行う選択に影響を与える事が出来ます。これは芳香の力です!最近の研究で、香りがどの様に私たちの体中システムを調節し、私たちの気分に影響を与え、脳波パターンを変える事ができるかを明らかにしました。確かに、 ネガティブからポジティブに私達の態度を変更するための最良な方法の中の1つが、天然香料の使用です。私たちの嗅覚は感情を処理する脳の一部に直接つながっているからです。
ディオールのモーリス・ロジャースは言います、「今日のこのような強い唯物主義の時代でさえ、香りは、無意識「嗅覚は人間の理性に基づかない最後の領域」へ繋がる直接のルートを与えてくれます。香水創りの深い目的は、新しい扉を開けるための“素材“を見つけることです」

香水は8000年以上にわたり使われてきました。 Perfume(香水)という単語は、ラテン語の「per fumare(煙によって)」を意味します。香水として最古に記録された方法は、芳香植物を燃焼させて空気を浄化させたり、宗教的な式典に用いられました。例えば、フランキンセンスはカトリック教会で今まだ使用されています。1980年代のドイツの研究で、trahydrocannabinole(テトラヒドロカンナビノール)と呼ばれる物質が含まれ、これが私たちの意識状態を変化させ、気分に影響を与える事が明らかにされています。

初期に作られた香水はムスクの様な動物由来の少量の原料と共に、花や、芳しい根、香りのする樹脂やスパイスなどの、全てが天然成分から作られていました。最初の香水は「軟膏」と呼ばれ、ベースになる油や脂肪に芳香成分を浸して作られました。プルタルコス(1世紀のギリシャ人歴史家)による記述で、有名な古代エジプトの香水Kyphi(キフィ)は、「眠りを誘い不安を和らげ良い夢をみさせてくれる、夜を快適にする成分で作られている」とあります。


エッセンシャルオイルの蒸留は、メソポタミアで見つかった原始的な粘土装置に基づき、紀元前3500年にまでさかのぼると考えられ、11世紀までにはアラブの医者であり錬金術師であったイブン・シーナーがこの芸術作品を完成させました。シナモン、アニス、パインの芳香構成要素が明らかにり(シンナムアルデヒド、アネトール、)、現代の香水は1830年に誕生しました。今日、ほとんどの香水は合成に作られた材料を使用し、天然香料を使用するよりも安価で正確にて生産されます。

今日、天然香料の価値が再評価され、「アロマセラピーの科学は、職場や家庭に革命をもたらすことを約束します。近い将来オフィス換気システムは、労働者に刺激や癒しを与える香りを放つかもしれません。精巧な香りの装置が家の中に蒸気を放ち、それが媚薬や目覚まし時計として機能するかもしれません。そしてスクラッチカード上に片頭痛や不安症状に合わせた香りの配列をもたらかもしれません。」と、Weinraub(ウェインラウブ)は示唆しています。

原料

#Education

エッセンシャルオイルは、自然の香りを抽出するために主に水蒸気蒸留法で

Read More

ブレンディング

#Education

エッセンシャルオイルのブレンドを学ぶ事は、絵を描いたり、美味しい食事を

Read More

精油の化学

#Education

古来からエッセンシャルオイルは、特に若返りやアンチエージングのための治癒&化粧剤として

Read More

オーガニック認証

#Education

エッセンシャルオイルの化学構成を調べる主な方法は、ガスクロマトグラフィー

Read More